初心者

【源泉も解説】特定口座と一般口座はどう違う?

スポンサーリンク

この記事はこんな方におすすめ!

  • 投資の勉強をしている方
  • 特定口座って何?という方
  • これから証券口座を開設する方

 

すっとこ
証券口座を作ろうとしたら途中で特定口座と一般口座を選ぶところが出てきたのですが、どちらを選んだらいいでしょう?

 

証券口座を作り始めたんですね。では今回は特定口座と一般口座について見ていきましょう。
先輩

 

 

投資の利益にも税金がかかる

株や投資信託などは、証券口座を用いて取引を行います。

そこで得られる売買益分配金には、実は税金がかかります。

売買益や分配金にかかる税金は、申告分離課税と呼ばれる方式で課税されます。

 

申告分離課税とは、給与所得や事業所得などの総合課税の対象となる所得と分離して計算される課税方式です。

 

また、税率は所得税15.315%、住民税5%の計20.315%(2037年末までは所得税に復興特別所得税を含む)です。

税金は原則として確定申告をすることで支払います。

 

すっとこ
投資の利益にも税金がかかってしまうんですね・・・。

しかもまた、確定申告・・・。

 

基本的には、確定申告をしないといけないのですが確定申告をしなくて済む方法があります。

次はその方法について見ていきましょう。

先輩

 

特定口座と一般口座の違いは?

証券口座を開設していると、途中で特定口座一般口座かを選ぶところが出てきます。

 

特定口座とは、申告分離課税が適用になる株や投資信託などに対して、証券会社が損益の計算を行い特定口座年間取引報告書を交付する制度のことです。

特定口座年間取引報告書は、一年間の譲渡損益などを詳しく書いたもののことです。

この報告書があると、一年間の取引について詳しく書いてあるので簡単に確定申告をすることができます。

 

さらに、特定口座は源泉あり源泉なしかを選ぶことができます。

源泉ありで特定口座を開設すると、証券会社が代わりに納税してくれるので自分で確定申告を行わなくても良くなります

源泉なしの特例口座は、先ほどの特定口座年間取引報告書の作成は証券会社がしてくれ、確定申告は個人で行います

 

ここで注意したいのが特定口座個人の口座制度で、法人の口座には特定口座はありません

そのため、その時は一般口座を開設するようにしてください。

 

すっとこ
特定口座すごく便利ですね!源泉ありにすれば確定申告をしなくていいのも楽です!

 

確かに便利ですね。次はどのような人におすすめか説明していきますね。
先輩

 

どちらがあなたにおすすめ?

基本的に個人投資家は、特定口座で開設しましょう。

 

特定口座の源泉ありは、自分で確定申告をするのが面倒な方複数の証券口座を使用していない方向けです。

確定申告をしたくない方は是非、特定口座の源泉ありで開設しましょう。

 

特定口座の源泉なしは、複数の証券口座で取引をしており損益を合わせたい方譲渡損失の繰越控除制度を利用する方向けです。

特定口座の源泉なしは、どちらかというと投資を積極的に行いたい方におすすめです。

 

譲渡損失の繰越控除制度とは、譲渡益ではカバーしきれない損失を、毎年確定申告を行うことで最大3年間繰越すことができ、繰り越した年の譲渡所得からカバーすることができる制度です。

 

また、源泉ありと源泉なしは後からでも変更できます。

変更できる条件もあるので、変更する際には使用している証券口座の条件はどうなっているか確認してみるようにしてください。

 

一般口座は、法人として証券口座を作る必要がある時に使用しましょう。

個人の投資家が一般口座で開設するメリットはほとんどありません。

 

すっとこ
一番初めは特定口座の源泉ありでいいですかね?

 

そうですね、必要になったら源泉なしに切り替えてもいいと思います。
先輩

 

今回のまとめ

  • 特定口座は、証券会社特定口座年間取引報告書を交付してくれる制度
  • 特定口座の源泉ありだと確定申告必要なし
  • 特定口座の源泉なし譲渡損失の繰越控除制度を利用する方などにおすすめ
  • 一般口座は、個人投資家にはほとんどメリットなし

ブログランキング

\クリックして応援お願いします!/
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

すっとこ

ファイナンシャルプランナー3級薬剤師、すっとこです。 投資や健康、日常で疑問に思ったことなどについて書いています。 Twitterも更新しているので是非フォローしてください!

-初心者

© 2021 すっとこブログ Powered by AFFINGER5